ログイン

小売業

消費者の習慣は変化し続けています。オンライン小売業者は、消費者の期待に応えなくてはいけません。

販売チャネル全体の顧客行動を把握し、カスタマージャーニーを理解し、摩擦のない認証を提供することで、収益を増やし、ブランドロイヤルティを強化します。

カスタマーの利便性

顧客体験主導の安全なカスタマージャーニー

カスタマーは、彼らの嗜好に応じて個別にカスタマイズされた、記憶に残る購入体験ができるブランドを求めています。カスタマージャーニーの各段階で、カスタマーは、楽しく、情報豊富なサービスを「安全に確実に」得られることを期待しています。すべてがカスタマーを中心に展開します。

  • ソーシャルショッピング

    シームレスなクロスチャネルの小売業とは、Z世代やミレニアル世代が好むソーシャルチャネル上の安全なワンクリックショッピングを意味しています。

    ソーシャルログインについて詳しくはこちら
  • 安心と信頼

    信頼は、安全なログイン以上に重要です。小売業者は、カスタマーのデータや行動がカスタマージャーニーのすべての段階で安全であることを証明する必要があります。小売業者がどのようにデータセキュリティを強化し、カスタマーエクスペリエンスを改善することができるかについて、詳しくはこちら。

    小売業におけるセキュリティについて詳細はこちら
  • カスタマー制御によるプライバシー

    カスタマーが求めるもの、つまり、カスタマーの安全性やコンプライアンスに妥協することなく、プライバシープロフィールを管理する能力を提供しなければなりません。競争優位性として同意管理を使用する方法について詳しくはこちら。

    同意管理について詳しくはこちら
  • 使いやすさ

    セキュリティ、認証、IDアクセス、業界標準は、混乱を招くことがあります。複雑なソフトウェアなどもっての外です。どんなプラットフォームやフレームワークにも対応する Auth0 クイックスタートをお試しください。

    クイックスタートを試す

一元管理

カスタマー 360 を実現

消費者は、ブランドが自分たちの欲しいもの、ニーズ、願望を 360°理解して行動することを期待しています。小売業者は、データ主導のインタラクションを保護する必要があります。

  • 個人プロフィール

    小売業者は、行動に基づいたIDとアクセス管理を可能にする安全な個々人のカスタマープロフィールに従い、個別に対応しています。プロフィールの強化およびプログレッシブプロファイリングがどのように販売を促進できるかについて読む。

    プロフィールの強化について詳しくはこちら
  • お客様に配慮したリスクベースのCIAM

    マルチチャネルおよび関連ブランドを横断する購入プロセス。小売業者は、これらのシームレスなエクスペリエンスを、摩擦を与えることなく、個々人の顧客行動、購入プロセスの各段階、位置情報に基づいたアダプティブ認証で保護することができます。多要素認証について詳しくはこちら。

    MFA について詳細はこちら
  • カスタマーをフォロー

    小売業者は、オムニチャネルのカスタマージャーニーに関して、各インタラクションポイントを保護しながら、チャネル、パートナー、プラットフォームの全体でカスタマーをフォローできるようにしなければいけません。GrandVisionはどのようにAuth0 でオムニチャネル小売エクスペリエンスを構築したかについて読む。

    Grandvisionサクセスストーリーを読む

より詳しくはこちら。

事例

Marks & Spencer:Auth0 認証スケーラビリティを活用

事例はこちら

事例

Jersey Mike'sが、最も上得意のお客様のデータをAuth0 に託す理由

事例はこちら

事例

Nando's:Auth0 でIDおよびアクセス管理を一元化

事例はこちら

パーソナライズする

各カスタマーのエクスペリエンスを個別化する

消費者は、ブランドに対し、彼らの独自性や個性を認識してもらい、独特なブランド体験、リテールテイメント体験の提供に生かしてもらいたいと思っています。こうした期待に答えるためには、分散したソースからのデータを安全に収集し、それをリアルタイムなカスタマーインタラクションへと運用できるようにしていかなければなりません。

  • ライフサイクルマーケティングを促進

    カスタマーの生涯価値は、個別化されたオファー、宣伝、価格設定に根ざしています。これらは、販促活動およびロイヤルティプログラムを推進するための、より網羅的なカスタマープロフィールに依拠しています。

    Auth0 で顧客満足を向上
  • 新しいプライバシーモデルをバランス化

    小売業者は、新しい「プライバシー・バイ・デザイン」とプライバシー管理オプションを提供することで、消費者プロフィールの増加とプライバシーに関する懸念の増大にバランス良く対処しています。

    Auth0 とデータプライバシー

パートナー

パートナーエコシステムを拡大

一つの充実したエクスペリエンスをもたらし、より大きな価値、差別化、利便性を提供するため、新しいパートナーエコシステムを相互接続されたサービスプラットフォームの中に取り込んでいます。合同ロイヤルティおよびパートナーエコシステムでは、セキュリティおよびCIAMのリスクはさらに高まります。そのため、万全に対応し、マーケットシェアと収益の拡大を目指す必要があります。

  • ロイヤルティオファリング

    超地域密着型の商品・サービスを、類似するカスタマーに提供している関連カテゴリーブランドは、成長を促進するため、相互接続されたサービスプラットフォームを作成しています。IDおよびロイヤルティについて詳しくはこちら。

    カスタマーロイヤルティについて詳しくはこちら
  • ブレンデッド (混合) コマース

    リテールテイメントまたはデジタル「ライブ」によるユニークで組織化されたクロスチャネルショッピングは、より豊富かつ多次元のカスタマーコンテキストが必要です。

    収益拡大について詳しくはこちら
  • 摩擦のない連携

    顧客と提携企業が新市場に参入する上で必要なActive Directories、PingFederate、LDAP、またはカスタムSAML-P プロバイダーを多数設定することで、大規模な連携を実現します。ID連携が秘密兵器となる理由について詳しくはこちら。

    ID連携について詳しくはこちら
  • 高度なサイバーセキュリティ

    詐欺師は、不正な「新しい決済方法を追加する」、「領収書なしで返品する」、およびその他の手口を使い、オンラインショッピングの増加に便乗しています。

    2019年度小売業におけるセキュリティ調査について読む

コンプライアンス、セキュリティ、スケール

もちろん、カスタマーデータのセキュリティとコンプライアンスは、大半の小売業にとって、最重要課題であることは言うまでもありません。Auth0 は、最先端のセキュリティを当社製品に搭載してきました。顧客のユーザーやビジネスを保護するために設計された、最新の保護機能を利用していただけます。

  • 複数のIDプロバイダー

    Active Directory、PingFederate、LDAP、さらにはカスタムSAML-Pプロバイダーなど必要な数のユーザーを多数設定できるため、大規模に連携できます。

    詳しくはこちら
  • シングルサインオン

    SSO認証は、ユーザーが内部アプリおよびサードパーティーアプリの操作時に、シームレスなエクスペリエンスを提供します。

    詳しくはこちら
  • APIベースの認証

    高度なID管理プロトコルでお使いのAPIを保護し、簡単にコラボレーションを実現。

    詳しくはこちら
  • 業界標準プロトコル

    業界全体の認証規格に対応するIDプラットフォームを採用することで、事業活動における一貫性と継続性が向上します。

    詳しくはこちら
  • コンプライアンスおよび証明書

    SOC2、HIPAA/BAA、OpenID Connect その他の指導的組織のコンプライアンス準拠。

    詳しくはこちら
  • パブリックおよびプライベートクラウド

    Auth0のパブリッククラウド、当社のプラベートクラウド、またはお使いのAWS環境に御社のアプリケーションをホストします。利用可能性の高い当社のマルチテナントクラウドサービスは、毎日10億件ものトランザクションを処理可能。

    詳しくはこちら

誰もが安全にアクセスできるために。でも、誰でもというわけではありません。